So-net無料ブログ作成
IMAGE006.JPG

ヘッダー写真は、軽井沢国際合唱フェスティバル「はるにれコンサート」@軽井沢大賀ホール(2014年10月11日) 
混声合唱団「青春隊」は、熟年世代が青春を謳歌していた昭和の名曲を、洒落たアレンジで楽しく歌う混声合唱団です。会員募集中! ★こんな合唱団です(問い合わせ先もこちらに)  ★レパートリーはここをクリック! 
★新着情報
青春隊創立5周年記念コンサート、5/28(土)に開催!
★ブログ活用のツボ
右のカテゴリ欄から、「スケジュール一覧(練習・コンサート)」が便利!これから先の日程の他、詳細ページへのリンクや、終了したイベントの報告ページへのリンクも掲載してあります。

青春隊五周年コンサートレポート(スナップ編の2) [■2016年青春隊コンサート案内&報告]

専門のカメラマンにお願いした正式な記録写真は後日アップします。

第一部と第二部の写真は後ほど。

第三部が始まる前の休憩時間からの写真です。

▼後半の衣装を着けて、舞台袖でくつろぐ女性陣。
IMAGE013.JPG

IMAGE014.JPG

IMAGE015.JPG

IMAGE016.JPG

▼第三部です。
IMAGE017.JPG

▼指揮者インタビュー
IMAGE018.JPG

▼第四部、女性陣の晴れやかな顔。
IMAGE019.JPG

▼最後のひと踏ん張りです。
IMAGE020.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

青春隊五周年コンサート ゲネプロのレポート(2016/5/25) [■2016年青春隊コンサート案内&報告]

順番が前後しましたが、ゲネプロの模様です。
水曜日の通常の練習時間を少し早めて、ホールにて、衣装を着けてのゲネプロです。

▼舞台設営が終わり、並び方を決めています。
IMAGE001.JPG

▼リハーサル、始まりました。
第一部は、大正時代から昭和19年まで
IMAGE002.JPG

IMAGE003.JPG

▼ギターがはいり、「影を慕いて」
IMAGE004.JPG

IMAGE005.JPG

▼第一部が終わって、実行委員長挨拶
IMAGE006.JPG

▼第二部です。昭和20年代、戦後復興期の曲です。ハープが入って「あざみの歌」
IMAGE007.JPG

▼客席とご一緒に「高原列車が行く」を大合唱
IMAGE008.JPG

▼衣装替えをして、第三部です。昭和30年代の曲です。
IMAGE009.JPG

▼第三部が終わり、熊谷先生のインタビューです。
IMAGE010.JPG

▼第四部は昭和40年代の曲です。
IMAGE011.JPG

▼ギター、ピアニカ、ハープなど楽器総動員で、フィナーレは客席とご一緒に「知床旅情」を大合唱
IMAGE012.JPG

▼仙田団長の挨拶
IMAGE013.JPG

▼アンコール「東京ブギウギ」
IMAGE014.JPG

▼最後に集合写真
IMAGE015.JPG

ゲネプロも無事に終わり、あとは本番でのびのび歌うのみ!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

青春隊五周年記念コンサートの模様が、今日、JCOMで紹介されます。 [■2016年青春隊コンサート案内&報告]

一昨日(土曜日)の、青春隊五周年記念コンサートの模様を、JCOMが、本日夕方のニュースで放送してくれることになりました。

放送時間は
夕方5時からのデイリーニュース

夜10時と11時30分には再放送もあります。

チャンネルは、地デジの11チャンネル
放送が見られるエリアは、府中・小金井・国分寺の三市です。

さてさて、どんな風に放送されるでしょう。

団員全員と先生方に連絡しましたが、エリア外で見られない団員もかなりいますので、録画をとれる人には録画をお願いしました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

青春隊五周年記念コンサート、大成功! [■2016年青春隊コンサート案内&報告]

青春隊五周年記念コンサート、大盛況のうち、無事に終わりました。

お越しくださったみなさま、ありがとうございました。 大正・昭和を代表する歌謡曲を通した時代の旅、お楽しみいただけましたでしょうか。

受付や場内案内などお手伝いくださったみなさま、ありがとうございました。おかげさまで、安心して舞台に立つことができました。

詳しいレポートはまたあらためて。
まずは手持ちの写真で速報です。

立て看板の横に立つのは、切り絵デザインをしてくれた芝ちゃん。
13321667_867131006743777_4678408612277275254_n.jpg

リハーサルの模様。
13256425_867130966743781_3196224860046937226_n.jpg

そして、本番の写真です。
13315513_867131156743762_4216199621484512160_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

混声合唱団青春隊の記事が、今朝の読売新聞に出ました! [■2016年のトピックス]

青春隊五周年記念コンサート本番まで、あと2週間。
本日の読売新聞朝刊(多摩版)に、青春隊の記事が大きくでました。

時代を色濃く映す「歌謡曲」専門のユニークな合唱団でさること、五周年記念コンサートはすでに満席、終了後に新たな団員募集、ということをしっかり書いていただき、とてもありがたいです。

20160514青春隊記事(読売新聞朝刊).JPG

20160514青春隊記事(読売新聞朝刊).pdf


2016年5月14日(土) 読売新聞朝刊(多摩版)へのリンク
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20160513-OYTNT50322.html?from=ycont_top_txt

歌謡曲合唱団が人気…国分寺
◆団員募集 無料体験も

 国分寺市の「混声合唱団 青春隊」は、時代を色濃く映す「歌謡曲」専門のユニークな合唱団だ。28日に開くコンサートはすでに満員となるほどの人気を博す。創立5周年を迎えて新たな団員を募集しており、来月には無料体験講習会を開催する。

 青春隊を指導するのは元国際協力機構(JICA)職員の熊谷晃さん(70)。中学時代から長年合唱に取り組んできたが、在職中の2005年4月から桐朋学園大音楽学部の付属コースに通い、本格的に声楽や指揮法を学んだ。

 コース修了後から市民合唱団の指導を始めたが、楽曲の大半は童謡や唱歌ばかりで物足りなさを感じていた。「青春時代の思い出が詰まった歌謡曲も合唱したい」という思いで一致した仲間と11年1月、青春隊を結成した。

 現在、団員は50歳代から80歳代までの37人。国分寺市のほか、府中、小平、小金井市などから集まり、月3回、水曜夜に2時間練習している。通常はソロで歌われる歌謡曲をベース、テノール、アルト、ソプラノの混声四部合唱に編曲して歌うのが特徴で、団長の仙田文江さん(72)は「音域の幅が広がり、慣れ親しんだ歌謡曲に新たな魅力が加わる」と話す。

 活動してきた5年間で、31曲に取り組んできた。そのうち「愛の讃歌」「お祭りマンボ」「ブルー・シャトウ」など22曲を、28日に開催する初の単独コンサート「青春、愛すべき名歌とともに」で披露し、その後は新曲に取り組む予定だ。

 熊谷さんは「終戦直後の不幸な時代、ラジオから流れてきた歌謡曲が希望の光だった。好きな歌を好きなだけ歌える喜びを次の世代に伝えていきたい」と話している。

 コンサートはすでに満席となっており、無料体験講習会の参加者を募集している。日時は来月22、29日の午後7時~9時。会場は国分寺市立いずみホールBホール。新たな団員は随時募集しており、月会費3000円がかかる。

 問い合わせ、申し込みはいずれも事務局(042・327・9724、kuma.seishuntai@gmail.com)。
2016年05月14日 Copyright [コピーライト] The Yomiuri Shimbun
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽